2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アカウント

Facebook Mixi Twitter
無料ブログはココログ

日々徒然に

2018年7月15日 (日)

日々徒然に180715

_20180617_141619

現代表現研究所のHP

太秦に蛇塚古墳というのがあって、先日、そこを探しあてていきました。

元は土が被っていた古墳で、その盛り土が剥げてしまったというのです。

明日香にも、石だけが残った古墳がありましたね。

京都の太秦から嵯峨野にかけての地域は、平安京以前の古墳群があるとか。

現代を表現する研究で、現代の人の心の成り立ちを研究するのが目的なのです。

現代人の心の成り立ちは、膨大な過去の記録のなかから記憶として残される。

その記憶への情緒が、現代人の成り立ちを形作っているのでは、とも思うのです。

まあ、当てずっぽうだから、学術的な根拠はありませんけど、表現の根底を探します。

無意識って、フロイトとかユングとか、心理学者さんが提言して、明るみにでました。

フロイトの精神分析入門レクチャー(1916年~1917年)から100年が過ぎた今です。

シュールリアリズムが生み出されてきた源泉みたいな内容だと思えています。

現代を表現する研究の、その背景には、この100年の集積があるのかとも。

まだ、これから、始まる、あらたな表現の心の問題だと思いますが、です。

フォトハウス表現塾のホームページ

2018年7月13日 (金)

日々徒然に180713

120sumah1806160087

フォトハウス表現塾のホームページ

東松さんがまだ代々木のマンションにいらしたころの話です。

代々木のマンションを訪ねて、寝させてもらった部屋が書庫になった広間でした。

話題の写真集らが、並んでいて、手に取らせてもらって、何冊も見ました。

まだ京都にフォトハウス資料室をつくる構想のまえですが、その部屋に感動しました。

東松さんのその部屋で、中平さんとか森山さんとか、酒を飲んで、写真論議をしてた。

そのよう思えた部屋にいるだけで、それは夢のような時間でした。

新宿ゴールデン街のバラック建てみたいなバーへ連れてってもらって水割りを飲んだ。

写真界の中心に居る、という感覚で、それは今もって忘れられない経験たちです。

東松さんも、中平さんも亡くなった、西井さんも亡くなった、平木さんも亡くなった。

記憶の中に、それらの人たちの顔が思い出されてくるとき、やるせなくなります。

西井さんとは同い年で、東松さんを介して知った関係でした。

カメラ毎日の廃刊を知ったのが、フォトハウスの立ち上げの時、クロスします。

今日は、ここまで、またお話しできる機会をください。

現代表現研究所のHP

2018年7月12日 (木)

日々徒然に180712

120yama1807030010

フォトハウス表現塾のホームページ

おはようございます。

ベッドに寝ころんだきり、意識があるのかないのか、うとうとしていて、寝ている。

睡眠時間、やっぱり七時間、いつものことで、起き上がったら六時半。

机の前に座り、ネットの自分まわり状況をみながら、手直ししたり、戦略たてたり。

朝飯前とはよく言ったもので、朝飯の前に、頭が冴えるまで、むたむた一時間。

身体を動かす前に、頭のトレーニング、まだ現実の中に生きていない時間だ。

小野篁が、あの世から戻ってきた気持ちって、こういう感覚と感情だったのかもな。

フォトハウス表現塾のフェースブックページを見ていて、グループを作る、があった。

それで昨晩だったか、グループを作って、今朝、触っていたら、魚住さんがイイネした。

魚住さんがグループメンバーになりまして、今後、他メンバー、増えていくんやろな。

このグループは、巷のクラブ形式でいいのかも知れない、それが分かりやすい。

旧京都シュピーゲル、光影会が解散して一年半、写真クラブは否定派だったけど。

人と人が交わるトーテムポールが写真、これが人には必要なのかも知れない。

ブログの数を、だいぶん整理した。

かなりすっきりして、このニフティーブログが、こういう記事を書く場になる。

本音的な、人に読ませる日記を、書こうとして、これは作品になるのか。

更級日記とか、葉とか、日記体の文学、自分のプライベートを露出させること。

見せる、読ませる、だから内容はコントロールしていて、無難に蓋をしています。

十数年前の作品「山の生活物語」をフェースブックにリンクさせました。

2018年7月10日 (火)

日々徒然に180710

_20180708_141856
現代表現研究所のHP

こんにちは、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ここ数日、西日本、雨による災害が発生して、いまも救出作業が続けられています。

そんなニュース報道を見ていると、とってお辛い気持ちになってきます。

我が身は安全でしたけど、いまどき、いつ災難に見舞われるかわかりません。

現地のみなさま、復旧に、心強く、がんばってくださいね。

私的な話ですけど、たくさん作っていたブログをだいぶん整理しました。

このブログは、古くから使っていて、残しています。

フォトハウス表現塾の広報のためのブログ、自分自身の写真発表ブログ。

一定の整理をして、コンパクトにまとめて、管理しやすくするのが目的です。

最近はインスタグラム、ツイッター、フェースブック、この三つのSNSを使います。

その外に、ブログで記事を書いて、だれでも見れるようにしているところです。

ホームページも、たくさん管理していて、それなりにメンテナンスが大変です。

インターネットが始まって、もう20年を過ぎたところだと思います。

最初の頃から経験していて、ざくっりふり返ってみると、凄い変容ぶりです。

このニフティーブログは、ブログが始まったころから、使っているブログです。

アルバムが作れて、ページが作れて、本文が作れるというブログです。

このフォーマットのブログがいくつかありましたけど、今は、ここだけです。

微妙に広告も少ないし、使い勝手もいいし、大人のブログって感じですね。

日進月歩、でも凄いスピードでバージョンアップしているネット環境です。

でも、本質、人が介在して情報を交換するという行為は、変わらないわけです。

かっては手紙を書いて、郵便局にお世話になった時代から、メールの時代です。

表現の方法も変わってきて、その内容、コンテンツも変容しているところです。

まだまだ、変容していくんでしょう、それへの対応は必要です。

でも、本質、生きることの本質は変わらない、ネット環境の、中身の問題ですね。

フォトハウス表現塾のホームページ

2018年7月 5日 (木)

日々徒然に180705

_20180704_181114

フォトハウス表現塾のホームページ

梅雨前線の影響か、台風通過の影響か、京都市内にも大雨避難勧告がでています。

いま、小雨ですが、夜半にはきつい雨音がしておりました。

山間部の方が土砂災害とか起こる可能性、河川の氾濫はどうなのか。

いましがた、豪雨予報、猛烈な雨、80mm/h以上、とスマホに表示されました。

情報過多の時代にはいっていて、目まぐるしいほどに情報が入ってきます。

朝、ニコンのオンラインアルバムのIDをひとつ削除しました。

最近は、アップロードしていないアルバムですが、ひところは必死でアップしていました。

もう、通信環境の背景も変わってきて、オンラインアルバムの容態も変化しています。

古いことにこだわっているより、消してしまって、軽くなったほうが楽な気がしています。

このあとには、ライブドアのアルバム、シーサーのブログなども、消そうと思っています。

今日は、少しのんびりして、自分の身の回りを見直してみようと思うところです。

不必要なブログは消してしまって、日々のなかで時間をつくって、楽しよう、です。

時間を潰しているほどには反響がない感じがするので、なかば虚しい気持ちです。

孤立無援という熟語が好きでよく使ってしまうのだけど、気持ち的にはそうです。

まだまだ新しいことができると思っているところですが、それが虚しい原因かも。

現代表現研究所のHP

2018年6月28日 (木)

日々徒然に180628

_20180628_140252
現代表現研究所のHP

暑い日になってきたけど、午後に外出、何処へ行こうかと思い悩んでいました。

心折れそう、心痛んで、老いぼれている枝が折れそうな気持を、どうしようかと。

エディオンへパソコンを見に行ったが、買うのは躊躇しています。

嵯峨方面へ行くバスに乗り、急遽途中で、広沢の遍照寺へ行こうと思って降りた。

先日からインスタグラムで日録をやりだしたので、それの写真アップのためです。

前にも何度か訪問しているけれど、あらためて暑い盛りに行ってきて門をくぐった。

源氏物語ゆかりの寺とあって、夕顔の物語がここから生まれた?とか。

夕顔を読んでみたら、源氏が好きになる夕顔が、突然に亡くなるんですね。

なんか、もの悲しい物語ですが、紫式部がこの寺を二十歳の時に訪れたとあります。

その当時といえば、この寺は、現在地ではなくて、広沢の池の北側にあったそうな。

広沢の池は遍照寺の庭になっていた、というのです。

今の場所には、応仁の乱でなくなり、江戸時代に移ってきているみたいです。

突然に、その方のコメントをみつけて、目が眩んでしまって、身動き取れなかった。

ようやく、恢復してきて、パソコンをいじれるようになったところです。

フォトハウス表現塾のホームページ

<ご案内です>

第4回カフェ&プレスを開催します。

※日時は、2018年7月21日(土)午後2時~午後5時。
※経費は、500円
※場所は、アマノコーヒーロースターズです。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F

2018年6月14日 (木)

日々徒然に180614

_20180614_104653

現代表現研究所のHP

おおむね二か月に一度、健康診断のつもりで検診を受けています。

今日は、その診察日で、午前10時の予約で、早めに到着しておきました。

その診療所の隣が、釘抜地蔵尊、空海の開いた場所、今は石像寺という寺です。

ちょうどこの場所は、現在地でいえば千本上立売、一条よりも北になります。

千本の北方面は、蓮台野といって、平安時代から死者の埋葬地でした。

その葬列が北上する入り口に、この釘抜地蔵尊(石像寺)が位置しています。

というのは、ぼくの想像イメージですが、庶民の心の支えでもあったと思うんです。

いまも、願掛けを、されている方を見うけます。

年配の方だけではなくて、若い方も見かけます、苦しい時の神頼み、です。

ひとの心の深いところが垣間見える場所、聖地とはいわないけれど、です。

フォトハウス表現塾のホームページ

2018年6月 8日 (金)

日々徒然に180608

_20180601_161939

現代表現研究所のHP

写真は、嵯峨野、大覚寺と広沢池との中間点あたり、京都市街遠望です。

一昨日の夜、白虎社の写真をフェースブックに連動させたら、ストップがかかった。

たしかに半裸の写真があるので、この程度でダメなのか、と思ったところです。

フェースブック、一週間、更新できない、そういう措置を取られてしまったわけです。

そうではないと申し立てても、めんどうなので、いま現在、更新できません。

自分表現の発表媒体として、フェースブックに、多大に依存していること発見です。

情報の発信を、見直さないといけないな、と思っているところです。

このブログは、ツイッターに連動させられるので、そのつど連動させています。

今日は、ツイッターに連動、ツイッターにアップ、そういうことしています。

アメリカの大統領がツイッターに記事を書いて、世界にひろがらせています。

最近は、インスタグラムが人気のようで、ぼくも使っています。

自分の痕跡証明のようなスタイルで、インスタグラムを使っているのです。

非常に現在的な発信媒体としてのSNSを、ぼくはニューメディアとして捉えます。

美術館の壁面、ギャラリーの壁面、印刷物の紙面、これを否定していません。

メディアを使う表現の手段として、ネットを使い、SNSを使う、これです。

これがすべて良いとは思っていないのですが、新しいメディアを重宝する。

新しいメディアの可能性を探っているところです。

ヒトの内面へ、ダイレクトに送り届けられ、深いコミュニケーションが発生する。

たしかに人間関係にリスクが伴いますが、反面、深い人間関係が築ける。

現代の表現テーマにも、この方法としてのコミュニケーションとして、浮上します。

フォトハウス表現塾からのお知らせです。

<ご案内>
第3回カフェ&プレスを開催します。
※日時は、2018年6月16日(土)午後2時~午後5時。
※経費は、500円
※場所は、アマノコーヒーロースターズです。
ワールド・カフェ形式で、テーマは参加者の発案にて進めます。
表現の基本たるコンテンツをみちびくためのブレーンストーミング。
自分をアピール、プレゼンしてください、お待ちしています。

2018年6月 3日 (日)

日々徒然に180603

_20180603_162840

現代表現研究所のHP

今日は、玄琢から西加茂方面、正伝寺まで歩いて、歩いてきたところです。

尺八の池という表示がって、そこへ行ってみて、そこまでは昇りでした。

そこから下がって、わけわからないまま歩いて、西加茂に来てしまいました、

写真は、スマホで、数枚づつ撮って、このお寺は正伝寺と書いてありました。

家に帰ってきて調べたら、まだ奥の方に寺がある、霊源寺という名の寺です。

送り火の船山の麓で、そこまではいけなかったから、あらためて行くことにしよう。

神社というより、寺が多いですね。

でも、そういう歴史あるところへ行くと、遠くへきたなぁ、と思うことしきりです。

新しい価値を求めて、過去のことは過ぎ去らせて、だから過去にする。

これからの在り方を提示したいと思っているところですが、孤立無援ですね。


フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
いまのところ毎月第三土曜日に開塾しています。
次は三回目で、6月16日です。
時間は、午後2時~午後5時
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
制作の根源になるコンテンツを引きだすための頭の体操です。
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。

2018年5月20日 (日)

日々徒然に180520

_20180518_101707

現代表現研究所のHP

もたもたしているうちに5月も20日になってしまいました。

別に、月日が経つのを意識しなくてもいいものを、ついつい意識してしまいます。

こうして年齢の近い方がお亡くなりになる報を見聞きすると、年月を意識してしまうんです。

あと10年あるとしたら、10年前から今までの時間しかない、そんな思いがこみ上げます。

作品らしきもの作り続けられるかどうか、この先のこと、わからないから。

昨日、カフェ&プレス、あかつき写房の店長本田さんが来られました。

京都にまつわるぼくのお話を聞いていただいて、ありがたく思っています。

親子ぐらいの年齢差の彼に、ぼくの思考のまとめを語らせてもらったのです。

なかなか、そういう場面をつくれないから、たいへん感謝です。

それにしても参加者が少ないのには、気持ち、落胆してしまいます。

今日は、天気も良いし、太田神社あたりへでも行ってみようか。

カキツバタはもう終っているかも知れない。

京都北のポイントにここも加えていいのかとも思っているんです。

陶芸家のだれだったか、出生の地という碑がありました、名前が出ない。

いけませんね、脳がつながってきてくれないんです、嫌ですね。

​フォトハウス表現塾のHP​

より以前の記事一覧