日記・コラム・つぶやき

2017年6月21日 (水)

日記170621

120kyoto1706190005

フォトハウスのHP

書いている途中に止まって、書き直し、三度目です。

漢字変換しているときに異変がおこるのか、止まってしまいます。

ここは、途中で止まったら、最初からやり直しをしないといけないブログ。

ライブドアなんかは、保存されていて、止まっても、そこから再開できる。

夏至、雨が降っていたから、先輩大八木さんとの約束は反故になった。

東寺の縁日、こうぼうさんを取材するべく予定していたところでした。

なにもかも、うまくいかない、つまずきっぱなし、これはいけない。

稲垣氏が抗議の座り込みをしているので、記録にいかなければいけない。

なにかと予定が詰まっていて、なかなか行けない、明日、行けるかな。

ジリ貧なんて言葉あるけど、それらしい、退潮ののとき、これらしい。

写真は今宮神社のあほけんさん、アホ、賢、その重軽石です。

中川繁夫のホームページ

2017年6月16日 (金)

日記170616

120kyoto1706090005

中川繁夫のホームページ

ついてないと思えばついてないな、書いた記事が消えてしまったのだから。

憑きと表記すればいいのか、なにか憑き物に憑かれているのかもしれない。

そんな迷信じみたことには無頓着だったけれど、ひょっとしたら、と思うのです。

もう、終わったのかも知れないね、ここらが引き際なのかも知れないね。

少し冷静になって自分の立場というものを考えてみればいい。

人のふり見て我がふり直せ、人は鏡、反射板、自分に照り返る、と思う。

言うばっかりで、動いていかないじゃないか、そういわれればそのとうり。

虚しいのは、自分なのだから、ここから脱却しなくちゃいけない。

このままではいけないな、と反省して、しばらく謹慎処分を科します。

フォトハウスのHP

2017年6月 7日 (水)

日記170607

120kyoto1706020015

中川繁夫のホームページ

そりゃあみんな生きているのさ、日々、生きている痕跡だよ。

ブログやフェースブックにあがる記事は、その人が生きてる呼吸だな。

ひとりでいるなんて寂しいことで、友を求め、心を通わそうとする。

ぼくなんか、それの典型なんだろな、ひとりでいられないんだから。

次は何をしようか、何かをしていないと、この世に居てられない。

負けてたまるか、そんな気持ちだけれど、これがいけないんだな。

淡々と、年相応に、生きて行かなくちゃ、いけないんだよ、と自問自答。

フォトハウスのHP

2017年6月 6日 (火)

日記170606

120kyoto1706040014

中川繁夫のホームページ

これは、一昨日のこと、懐かしの太秦、帷子ノ辻、嵐電駅前です。

大映通り商店街の看板があるように、大映京都撮影所があった通りです。

何度か、この商店街を歩いているのに、撮影所のあとが特定できない。

訊いてみるのも奥手なので、自分で痕跡を探しているところです。

記憶の痕跡を訪ねる、というのもカメラを手にしているからです。

いや、たいがい行くところは、記憶の痕跡を訪ねる、ことばかりです。

中川繁夫の旅写真 というブログを作ったけれど、そこは記憶の痕跡ではない写真。

古希を過ぎて、写真行為というのは、記憶の痕跡を紡ぐ、くらいですかね。


2017年6月 4日 (日)

日記170604

120kyoto1706020004

フォトハウスのHP

森というか林というか木のある場所へ行きます。

近年、歳のせいか、気を感じる、という感覚になります。

たぶん、そういう事を感じているんだろうな、という感じです。

まあ、な、あの世が近づいてきて、気になっていく前哨戦かも、な。

この木のある処は、京都の北に位置する船岡山の中腹あたりです。

中川繁夫のホームページ

2017年6月 2日 (金)

日記170602

120tabi1705190033

フォトハウスのHP

野辺の石像がありました。

地蔵さんでしょうか、道祖神というんでしょうか。

石に彫るんですね。

信仰の対象として、庶民の心が反映している。

困ったときには、手を合わせ、災難すぎるを待つ。

それしか心を鎮める方法が見出せませんね。

中川繁夫のホームページ


2017年5月29日 (月)

日記170529

120tabi1705190007

フォトハウスのHP

いよいよ5月もあと数日です。

暑くなってきて、まもなく夏、という感じですね。

雑木林は、耳成山へ赴いたときに撮った写真です。

何の変哲もない雑木林ですが、古い歴史がある処なんですね。

歴史とか、価値観とか、ものの見方とか、考えること多いです。

きょうもまた、考えながら、ブログをかいているところです。

中川繁夫のホームページ


2017年5月11日 (木)

日記170511

120kyoto1705110003

表GEN研究会ph

鈴鹿芳康さんの展覧会、「聖地」展を見に行きました。

ギャラリーMainでは風曼荼羅-日本の聖地より-を展示されています。

Lumenギャラリーでは風曼荼羅-世界の聖地より-を展示されています。

ピンホール写真作品、鈴鹿さん30年間の集大成というべき作品群です。

テーマといい、制作方法といい、現在的な作品群には圧倒されされます。

1985年、彼宅でフォトハウスワークショップを開催してからの知りあいです。

三十数年の年月が流れて、いまここに健康体でいることを喜びあいました。

ともに、それだけの年月をかさねて、ここに20年ぶりほど、再会でした。

掲載する写真は、聖地-日本の聖地より-の展示風景です。

会期は5月14日の日曜日まで、一味違う作品、一見の価値ありです。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

2017年5月 8日 (月)

日記170508

120kyoto1704250070

表GEN研究会ph

今日も一日が終わっていきます。

散髪にいったら待ち時間が長くなるので見送り。

仁左衛門の湯へ行って体調を整えようとしてみたところです。

サウナはいって疲れたかな、なんとなく、からだが、けだるい。

もたもた、表GEN研究会ph、この研究会を設定できて、一安心。

2月に告知しだして、まだ3か月しか経ってないのに、長かった感じ。

まあ、成功していくとは思うけど、金がないから人脈が作れないから。

金の力ってのは恐ろしいですよ、だから金をかけない、むしろ否定です。

善意、善意、贈与経済なんて、だれだったか言ってましたね、これですよ。

教育と金とは切り離さないといけません、初期のIMIにはそのコンセプトあったでしょ。

東松さんは、金では動かなかった、無償でしたよ、無償の行為で人が育った。

参考にさせていただいて、これからも、創りあげていこうと思います。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

2017年5月 6日 (土)

日記170506

120kyoto1704300008

表GEN研究会ph

連休が終わっていきますが、今年はずっと家にいた。

イベントにも参加していかなくて家にいてパソコンに向かっていた。

撮影に出かけても、スマホで撮って、インスタグラムにアップする。

今後のことが、いろいろと構想できて、元に戻る、振り出しに戻る。

フリースクール構想のころ、むくむく通信社とか総合文化研究所とかのころ。

もういちど構築しなおして、今の時代に合わせていきたいと思う。

あちこちに参考となる出来事が起こっているので、参考にします。

十数年前には、いまの時代が読めていたのかもしれない。

この先十年は有効な内容のもの、いよいよジャンル融合天地球体の図形。

地球儀のような構造のアート儀とでもいえばよいか、ただし透けて見える儀。

いろいろと想像していくのが楽しいといえば楽しいのかな。

ベルメールのように時代に反逆していかないと、いけないなと思う。

写真は清凉寺の本堂だったか、光源氏の住まいであった処の図。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

より以前の記事一覧