日記・コラム・つぶやき

2018年1月17日 (水)

日々徒然に180117

Dsc_0624

フォトハウス表現研究所のHP 

ベートーベンのピアノソナタを流していますが、いま29番の第四楽章にはいりました。

さきには第三楽章、うっとり、うとうとしながら、聴いていました。

阪神淡路大震災の日から23年、黙とうして、冥福を祈ります。

写真専門学校に職を置いていた時で、その日の事は明確に覚えています。

もう23年が過ぎてしまって、ぼくは古希を過ぎてしまった年齢で、いまここにいます。

テレビでは、板門店で南北朝鮮の代表による会合が持たれていると報じています。

世界情勢は、混迷しているとは思わなくて、一定の方向に向かっていると思っています。

核戦争は始まらなくて、起こらなくて、核保有のままで南北が統一と、思えますが。

昨日、高校の時の旧友と喫茶店で、掲載写真のモーニングをしながら会っていました。

葉室麟「嵯峨野花譜」という書籍を貸してもらって、目の前に置いています。

この年齢になってようやく、日本文化とはどういう文化なのか、と問いだしています。

この150年が西欧文化の移入で、いまや思考回路そのものが西欧近代主義そのもの。

言葉ではそのように思えているところですが、それの検証をして、日本文化を捉える。

今更って感じだけど、フォトハウス表現塾で、セミナーシリーズを組めないかとも思う。

いろいろ思っていても、思っているだけで、形になっていかないところですが、です。

フォトハウス表現塾のHP

2018年1月14日 (日)

日々徒然に180114

120kyoto1801010008
フォトハウス表現研究所のHP 

吉田兼好、兼好法師さんが徒然草を書き表したのは1300年代の半ばといいます。

京都の西にある双ヶ岡のふもとの庵に住まっていて、そこが執筆の場所らしい。

これは鎌倉時代の末期、まだ日本が足利時代や戦国時代より前のことですね。

いやはやブログタイトルを「日々徒然に」としているのは、それを意識するわけです。

昔と今は生きる年月の長さがかなり長くなっていて、いまや男の平均寿命は80才超え。

といいながら、ぼくはもう古希を越えていて今年は干支の歳にあたります。

時代は違っていて、記録を残すツールは、紙に筆ではなくて、パソコンにブログ。

でも、内面、人間の欲情や感情やの諸々はどれだけ変化しているのかしら。

今年は2018年ですから、それから700年ほど経っているわけで、今様徒然草がこれ。

<つれづれなるままに日ぐらし硯にむかいて心にうつりゆくよしなしごとを・・・・>

ぼくもそれに習って、日ぐらしパソコンにむかいて・・・・、としていこうかと思うのです。

戯れ言ですが、内海淡水とおちあいかおりの合間を縫って、書き連ねようと思います。

フォトハウス表現塾のHP

2018年1月 8日 (月)

日々徒然に2018-2-

_20180103_134049
フォトハウス表現研究所のHP 

雨が降っているから外出するのが億劫になって部屋にこもったきりです。

パソコンに向かって、なにやら更新して、リニューアルして、でも不健康ですね。

正月早々には神泉苑へ行って方位社の祠を写真撮りに行きました。

これはなんですか、コンビニで巻き寿司買って丸かじりする方向を見るため?

恵方巻きってゆう巻き寿司ですね、だれがいつからそんな風習を作ったんやろ?

巻き寿司の海苔は上等でないとサクサクとキレなくて、安いのは引っ張らんならん。

お正月が過ぎていって日常に戻ってきますが、もう自由の身です。

今年も、文学方向へ向かっていきたいけれど、戯作文学の方へ、です。

織田作や安吾や太宰が戯作者だとはいわないけれど、やっぱり戯作者か!

そもそも戯作とは、どういう種類の文章を指してゆうのか、わからんね。

戯れ言を並べて文学とする、なんて定義してみたらどうなんやろ。

でも戯れ言ってどういうこっちゃ、ますます、わからなくなってきますね。

フォトハウス表現塾のHP

2018年1月 5日 (金)

日々徒然に2018-1-

_20180102_165544

フォトハウス表現研究所のHP 

2018年、平成30年、初日記です。

タイトルを「日々徒然2018」としてシリーズで日記風物語を書いていきます。

すでにフォトハウス表現研究所を立ち上げていて、それの広報のためのブログです。

掲載する写真に説明はつけないでいこうと思います。

表現研究の枠で、写真塾を開きますが、続いて文学塾を開きたいと思います。

文学塾は同人制にして、研究会形式で開催したいと考えています。

もちろん写真と文学の混在でいいわけで、写真と文章を対立させるも融合させるも、です。

農業や食のことをアートにつなげる枠組みも考えています。

ドローンを操縦して動画をつくる塾も立ち上げたいと思っています。

まあ、どこまでできるかわからないけれど、アイデアをここに出していきます。

手法は、公開でみんなの目に触れさせながら、ブラシアップさせていくというもの。

今年も、よろしくお導きくださいね。

フォトハウス表現塾のHP

2017年12月31日 (日)

DIARY171231

Dsc_0541

フォトハウス表現研究所のHP 

大晦日、特別な気持ちになるようですね、いつもと違う感覚です。

なにがどのように違うのかわからないけど、ああ、年齢を重ねる不安みたいな。

たぶん、この孤独感は、年齢に由来してくるのかもしれないですね。

二年前のこと、プライベートだから触れないけれど、あれから二年です。

大きなうねりがあって、上昇して、そこから下降して、いま忘却する途中です。

表現塾の内容は、かなり前からの想いを、具体化させる仕事です。

反グローバル化、個人の尊厳、自分の生き方を考える枠組み、でしょうか。

2018年、あたらしい年になって、成熟していけばいいなぁ、と思います。

今年、お世話になった方々、ありがとうございました。

来年も、よろしくお導きください、よろしくお願いいたします。

フォトハウス表現塾のHP

2017年12月13日 (水)

DIARY171213

Dsc_0514

フォトハウス表現研究所のHP 

写真展を見に、いくつかのギャラリーへ、いきました。

ライト商会二階で極彩秘宝館2017という写真展が最初です。

作者の了解を得て、撮らせてもらった壁面、見事に極彩なイメージでした。

マロニエにて京都写真クラブの展覧会、連鎖しているひとつです。

立命館大学写真部の写真展を三条通りのギャラリーでやっていたので見る。

それから京都文化博物館で京都現代写真作家展を見ました。

それぞれの写真、みんな、うまいなぁ、とまじめに驚いています。

文博の受付に森岡さんがおられたので、京都写真クラブへの入会を願いました。

そういう組織のなかに名前をいれてもらう、安心感がありますね、自分の根っこ。

という一日、午後のひとときでした。

フォトハウス表現塾のHP

2017年12月11日 (月)

DIARY171211

120yama1711210005

フォトハウス表現塾のHP

12月も中ほどになってきて、なにかしら、せわしない気持ちになります。

世の中も、なにかと異変があって、世界が大きく変わろうとしています。

個人的には、政治のことは口を出さないようにしています。

心のなかでは、思うこと多々ありますが、当面はフォトハウス表現塾の成功へ。

このことが一番の関心ごとですが、本音は、四面楚歌、辛い気持ちです。

写真を学ぶプログラム、36のレッスン項目を書き出しています。

もちろん精査が必要で、1項目を二時間でまとめるというのも、無理がある。

いまのところ問い合わせはありませんが、敷居が高いのかなぁ。

フォトハウス表現研究所のHP 

2017年12月 7日 (木)

DIARY171207

120yama1711210002

フォトハウス表現塾のHP

快晴のいい天気が続いていますがけっこう寒いですね。

夜中に夢を見ているのか、けっこういやな夢で、気分が冴えないです。

いくつもの要素が絡まっていて、もう行き先がないって感じなんです。

八方塞がり、四面楚歌、なんて言葉が出てきてしまいます。

負けたくないけど、負けていく、すかばっかり引いてしまう。

そんな感じで、しばらくは静観しているのがいいのかも知れない。

フォトハウス表現研究所のHP 

2017年12月 3日 (日)

DIARY171203

120sumah1712030167

フォトハウス表現塾のHP

昨夜のことです、京大吹奏楽団の定期演奏会に行きました。

演奏中は撮影禁止というので、指揮者が花束贈呈されている処を撮りました。

この指揮者が、有名な文字清さんなのです、常任指揮者を務めておられます。

表現塾にもなまえをいただいていて、音楽論のレクチャーでもいただこうかと。

フォトハウス表現塾の写真について、来春開塾の広報をはじめました。

枠組みをほかにもひろげていきたいと思っているところですが、まだ未定です。

やっぱりお金優先ではない、善意で教育がおこなえる枠組みに協賛される人。

そんなひと、なかなか、いないね、お金が伴わないと興味ないのかい、といいたい。

まあ、ぼちぼち、マイペースでやっていくしかいないのかなぁ。

フォトハウス表現塾のHP

2017年11月29日 (水)

日記171129

120yama1711210014

フォトハウス表現塾のHP

グールドのピアノでベートーベンの29番を聴いています。

懐かしくって、胸が痛みます。

なにをするにも手がつかなくて、想いにふける時間です。

もう、もどってこないけど、あれから二年が経ってきています。

少し忘れかけているのに、また、思い出します。

切なくて、空しくて、切羽詰まられるという感覚です。

CDで買い求めて、それをパソコンに取り込んで、聴いています。

29番は、ベートーベンのピアノソナタのなかの傑作ですね。

聴けば聞くほど、深みにはまってしまいますね。

なんなんでしょうね、この引かれていく魅力っていうのは、何?

表現の結果、相手を、このような感覚にさせていくというのが、究極ですかね。

より以前の記事一覧