« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

日々徒然に180227

_20180225_160005

フォトハウス表現研究所のHP

暖かくなってきて、なんとなく浮かれてくる感じで、明日につながる感じです。

二月が終わっていくので、春にむけて、気持ちをそちらに向けていきます。

なんだか、区切りをつけないと、ずるずるといってしまう感じなんで、竿さします。

インスタグラムが楽でストレス感じないから、人気があるんやろな。

ここなんて、ブログで、言葉を紡がないといけないから、すぐには書けない。

ここのブログは、その創始のころからあるブログで、老舗でしょうね。

新しい機能には、あんまり対応していないので、使い勝手がよろしくない。

でも、残してあるのは、過去の記事が、写真のアルバムがあるからです

それから、フォトハウス表現塾の広報もかねています。

フォトハウス表現塾のHP

写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

フォトハウス表現研究所、ともに活動するメンバーを探しています。

2018年2月23日 (金)

日々徒然に180223

_20171019_114349

フォトハウス表現研究所のHP

昨日、レンタイフェスタ2018の実行委員会が、労組の会議室で行こなわれました。

毎年、4月のゴールデンウイークの前に、万博公園のお祭り広場で開催されます。

かなり大きなイベントですが、ここでもう10年になりますが、写真展をします。

釜ヶ崎地域合同労組と釜ヶ崎炊き出しの会が、協力団体として参加しているから。

テントをひとつもらって、パネルに写真を50点ほど貼って、写真展を開催しています。

多くの写真愛好者の人は、こんな写真展示に興味を示さないと思っています。

たぶん、もっと仲間内で、見せ合いっこするレベルで、写真を愛好していらっしゃる。

でもなぁ、ぼくはもう40年も前から、それには懐疑的で、写真の解放を論じています。

いまどきは、インスタ映えとかに翻弄される写真愛好者ですが、そとに目を向けよう。

そんなこといって、表現塾の運営をしようとしているわけだから、空しいかぎりです。

極彩秘宝館の写真展イベントに参加させていただけることになりました。

自分の所属先が決まって、仲間が出来てくると思うと、わくわくしてきます。

フォトハウス表現研究所が提案の写真クラブ的な集まりと平行させていきます。

フォトハウス表現塾のHP

写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

フォトハウス表現研究所、ともに活動するメンバーを探しています。

2018年2月19日 (月)

日々徒然に180219

120yama1702210006

フォトハウス表現研究所のHP

この写真は昨年の今ごろに撮った一枚で、場所は金沢です。

そういうことでいえば、今年はものすごい雪が積もっていることと思います。

今年の冬は、諸般の事情により、金沢へ出かけるのは中止にしました。

なので、車は、ノーマルタイヤのままで、冬を越すことにしました。

スタッドレスタイヤを買わないといけないので、経費を節約させるためでした。

もう、この歳だから、なにもかもが終わっていっていいのかな、と思った。

この二年間にはいろいろあって、それから自立させるために、策略してきました。

でも、結局、もう、このへんでペースダウンしても、しやないなぁ、と思う。

ふんぎり、というものがあって、流れに逆らえないから、それに沿って気分を流します。

その気分が、ふんぎりついた、という感じで、感じられたから、それでいいと思う。

あたらしい、なにかに向かって、ちびりちびりと、進んでいけばいいんだと思える。

フォトハウス表現研究所と表現塾は継続して、領域を拡大して、実現を図っていきます。

フォトハウス表現塾のHP

写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

フォトハウス表現研究所、ともに活動するメンバーを探しています。


2018年2月18日 (日)

日々徒然に180218

_20180218_140851
フォトハウス表現研究所のHP

北野天満宮を通って、千本へ出て、そこからあてもなく行った先が上賀茂神社でした。

いい天気で、少し寒かったけれど、いい気分でもありました。

無性にハンガリー舞曲が聴きたくなって、家に戻って聞いてうっとりです。

ドボルザーク作曲ですね、中学生の頃に聴いて、それから事あるごとに聴きます。

そのころに聴いた音楽が、骨身に沁みついているんでしょうかね、心揺すられます。

ビートルズもポップスも聴かなくて、ひたすらクラシック音楽を聴いていました。

といいながら、演歌を聴くと心揺すられるし、中島みゆきなんて心どうしようもない。

さてさて、手掛けてきた小説を人の目に晒す方向で、気持ちも動いています。

それからエロスイメージをつけるのですが、それを探さなきゃいけないな。

助けてくれるひとがいて、おおいに感謝するしかない、救世主ですよ、まさに。

フォトハウス表現塾のHP

2018年2月17日 (土)

日々徒然に180217

_20180207_141005

フォトハウス表現研究所のHP 

単純にとっても空しい気持ちにおそわれてきます。

夕刻、六時前、そとは薄暗くなっていて、寒い、部屋のなかにストーブを入れている。

なにかしら、文章を書いていて、ふっと気がついて、そういう気持ちに襲われる。

この気持ちのことこそ、現代において、一番に解明していくべく内容ではないか。

そのように思う、これの解明、それが進むことで、我の心が救われる。

まるで宗教の教えみたいなイメージだけど、ぼくは経典は持ちません。

これを芸術という枠組みで、とらえて深化させていきたいと思うのです。

その方法は、言葉を持ってしかできないと、思っています。

その言葉でもって、フィクションしていくことで、イメージが明確になる。

小説にして書くポイントは、ここにあると考えるのですが、いかがでしょうか。

だれか、おしえてくれぇ!!

フォトハウス表現塾のHP

2018年2月15日 (木)

日々徒然に180215

120kyoto1801190005

フォトハウス表現研究所のHP 

早朝、暗いうち、目は覚めていて、うとうと、夢の中、なにやら淋しい気持ちで起きました。

年齢のせいもあるのかと思うが、徐々に体力が減退していて、よいしょ、の声を発します。

芥川賞発表の文芸春秋を買いました。

村上春樹氏の「ノルウエイの森」を読み終えました。

あらためて小説を書きたいと思って、小説連載用のブログをつくりました。

写真も文学も音楽も、語り合う相手がほしいなぁ、そう思っています。

そんなに大それたことなんて思っていません、話し合う友がほしい、だけ。

文章を書く、小説を書く、けっこう体力がいる、集中力が必要ですね。

集中できる時間が、減退してきています。

たぶん、体力が落ちているからだろうと思います。

あんまり憂鬱なことを言っていたら、余計に鬱になってしまうと思うけど。

老人性鬱なんてことになっているのかも知れないですね。

今日は年金支給日、灯油を買いに行かないといけません、運ぶのは力仕事です。

今日も、がんばって、悔いのない一日を送ろうと思います。

フォトハウス表現塾のHP

2018年2月11日 (日)

日々徒然に180211

Dsc_0701

フォトハウス表現研究所のHP 

掲載の写真は先週開催された嵯峨野高校吹奏楽部OB会の第三回定期演奏会から。

今日はびわこフィルハーモニーオーケストラの演奏会、野洲文化ホールでありました。

写真は撮らないでくださいというので撮りませんでした。

どうしてだか写真撮影しないでください、という演奏会が多いですね。

そういえば神社仏閣にしても、美術展にしても、たいてい撮影禁止ですね。

写真を撮る奴のモラルがわるいから、主催者がそうしているのかも知れない。

粗悪な写真がネットなんかに載せられて、イメージが悪くなるからかなぁ。

いずれにしても、人のふり見て我がふりなおせ、でしょうか、悪い奴を卒業します。

フォトハウス表現研究所に「写真作家クラブ」を作ろうと考えています。

巷にある写真クラブと同じようなものだと考えてもらえばいいと思います。

ただし、内容が現代であって、歴史を継承しながら今的テーマを研究する。

そういう枠組みで、写真研究会、軌道にのれば映像研究会とか、とか。

まあ、前向いて、考えて、いまある現状から、未来に向けていこう、です。

フォトハウス表現塾のHP

ただいま、文学同人<翔・翔>のメンバーを募っています。

ただいま、写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

ただいま、フォトハウス表現研究所、ともに活動できるメンバーを募集しています。

2018年2月 9日 (金)

日々徒然に180209

120kyoto1802020023

フォトハウス表現研究所のHP 

冬季オリンピックが韓国平昌で始まったというのでTVをつけて開会式を見ていた。

先ほど終わったのか、聖火リレーの最後は、キムヨナさん、フィギュアスケートでしたね。

世の中、いろいろなことがあるわなぁ、と感心しているところです。

自分のことばかりを宣伝しているから、ここでもう一押し、宣伝します。

表j面、表向きばっかり追ってもあかん、基本から、基礎から押さえていかないとあかん。

これが、フォトハウス表現研究所の基本理念です。

かっこばっかりで、中身がない張りぼては、けっきょく人をダメにするにすぎません。

いま、本質、普遍の真理、なんてことはいわないけれど、時代の本質を極めよう。

そのことが基本に理解されて、それから、応用編がはじまるわけです。

表面ばかり、流行ばかり追っていても、なんにもならない、要は基本を身につける。

フォトハウス表現塾が提唱するのは、そういうことで。

フォトハウス表現塾のHP

ただいま、文学同人<翔・翔>のメンバーを募っています。

ただいま、写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

ただいま、フォトハウス表現研究所、ともに活動できるメンバーを募集しています。

2018年2月 6日 (火)

日々徒然に180206

120buras1802040024

フォトハウス表現研究所のHP 

写真は「嵯峨野高校吹奏楽部OB会の第三回定期演奏会2018.2.4」からです。

とにかく寒い日となった夜のいまごろ、PM11:18 昔イレブンPMというテレビ放送があった。

大橋巨泉さんでしたね、まだモノクロテレビで、ポータブルテレビで見ていました。

炎がぼうぼうとでる灯油ストーブで部屋をあたため、ぎしぎしゆうベッドで寝ていた。

1960年代後半ですね、記憶を辿っています、東京オリンピックが過ぎて数年目か。

いま思うと、暗い日々だった気がします。

青春といっても、どうしようもない、どこへいくあてもない、彷徨する精神、みたいな。

学生運動には、遅れていった大学生、三年遅れの大学生でした。

東大の正門と赤門のあいだの向かいにあった出版社に勤めていた。

安田講堂が陥落していて、まだ石ころが散乱していて、無残だった風景。

その前にブラスバンドを立ち上げたのが、ぼくの最初のプロジェクトでした。

学生運動の全共闘のクラスの闘争委員会がいち早く立ち上がった。

そんな関係で、おさまりがついても学校へ行けなくて、7年かけて卒業した。

なにしてたんだろな、不思議な感じがしてならない、暗い青春、暗い絵。

ちょっと暗めにフィクションしてるけど、ほんとうは明るい人なんだ、織田作みたいに。

フォトハウス表現塾のHP

ただいま、文学同人<翔・翔>のメンバーを募っています。

ただいま、写真のレッスン受講を希望される方を募集しています。

ただいま、フォトハウス表現研究所、ともに活動できるメンバーを募集しています。

2018年2月 1日 (木)

日々徒然に180201

_20180131_144510

フォトハウス表現研究所のHP 

昨日は歯医者さんへ、今日はこのあと定期診断へ、医者通いになった月末月初めです。

掲載の写真は、釘抜地蔵さんの太子堂です。

昨日、ぐるっと古い庶民の祈りの場所をめぐって、数カット、スマホで撮っていきました。

明日は節分取材を、どうしようかと今から思っている自分がいることに、唖然とします。

パソコンでは、第九が始まっていますが、最後まで聴けない、診察はAM10:30~だから。

窓をあけるとみぞれが降ってきています、寒いんだなぁ、こんな日に、と気分下降します。

七川さんという方の文章を、朝一番、どうしたはずみか読んでいきました。

まだまだ未分化エッセイでしたが、上手だなぁ、とも思って、ぼくもそれにあやかりたいと。

文学校で<翔・翔>って同人を募っていて、まあ文学同人ですね、いまや昔風ですね。

文章を書かずにはいられない、というほどせっぱ詰まっているわけではないんです。

でも、書きたいという欲求が沸いてくるから、構成なし、書いても推敲なしで、終える。

昔、何度も原稿用紙に消して書いてして、最初から書き写して、仕上げていくことをした。

たぶん、そのせいで、かなり流暢に文が書けるようになったとは思うが、内容がない。

内容がないというのは致命傷で、自己満以外の何物でもなくて、まわりはうんざりですね。

フォトハウス表現塾の写真講座を立ち上げているけど、受講者がいなくて、落ち込みます。

フォトハウス表現塾のHP

ただいま、レッスン受講を希望される方を募集しています。

ただいま、スタッフ、ともに活動できるメンバーを募集しています。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »