« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月29日 (水)

日記171129

120yama1711210014

フォトハウス表現塾のHP

グールドのピアノでベートーベンの29番を聴いています。

懐かしくって、胸が痛みます。

なにをするにも手がつかなくて、想いにふける時間です。

もう、もどってこないけど、あれから二年が経ってきています。

少し忘れかけているのに、また、思い出します。

切なくて、空しくて、切羽詰まられるという感覚です。

CDで買い求めて、それをパソコンに取り込んで、聴いています。

29番は、ベートーベンのピアノソナタのなかの傑作ですね。

聴けば聞くほど、深みにはまってしまいますね。

なんなんでしょうね、この引かれていく魅力っていうのは、何?

表現の結果、相手を、このような感覚にさせていくというのが、究極ですかね。

2017年11月23日 (木)

日記171123

Dsc_0475

フォトハウス表現塾のHP

陶芸教室に通いだしたのが12年前のことでした。

先生をしていただいた岩根さん、そのときから一緒に学んだメンバー。

今年いっぱいで陶芸教室を終えるというので、記念の写真です。

教室の場所は大徳寺近くですが、三回も移転しました。

只今、家族が使う食器、陶器のものはほぼ自前で作った器です。

ありがとうございました。

2017年11月18日 (土)

日記171118

120hana1711120017

フォトハウス表現塾のHP

数年前からJP労組の退職者の会の幹事を引き受けることになりました。

その会に写真クラブを作っていて、昨日、三年目の撮影会兼ハイキングをしました。

写真を撮る名目ですが、だれもカメラなんてぶら下げないで、伏見散策です。

伏見の歴史とかに詳しいメンバーがいて、連れ歩いて説明してくれる。

参加者は、88、87、78、76、72、71、67、男四人、女三人、前の数字は年齢です。

それぞれに省時代に、郵便局で仕事をしてきた人、仲間内、というところです。

46歳の途中で退職した自分としては、どうしてここにいるのか、との疑問符ですが。

でも、乗りかかった船というところで、侘しさをまぎらわす老人会でいいと思います。

まあ、この組織は、国全体に繋がっていて、野党の選挙集票のためにある。

その末端の末端組織が、これだというわけです。

だれもが拠って起つ場所がほしいと思っていて、それなりに加入してる。

そんなところだと思う。

2017年11月 8日 (水)

日記171108

Dsc_0468

フォトハウス表現塾のHP

学区の会で歩こう会的な研究会的な行事があって参加しました。

郷土史的な枠組み、北野天満宮を起点にここは文子天満宮。

ここにあるとは知らなかった、文子とは神のお告げを受けた女子。

菅原道真の怨念を鎮めるために神社を造って祀れ、というお告げですかね。

京都シリーズを紐解きながら、こうして歩いて説明受けるといろいろあるなぁ。

研究するにも今更、そんな時間も残されていないと思うのです。

雨の日でしたが、歩いてきて、ちょっと気持ちが落ち着きました。

2017年11月 3日 (金)

日記171103

_20171103_135555

フォトハウス表現塾のHP

今日は北へ行こうと思って、結局、宝ヶ池へ行きました。

この前から、西は広沢の池から大覚寺、東は吉田山へ行っています。

なので、今日は京都の北へ、と思って行ったところ、たまたま宝ヶ池でした。

明日は、南へ赴こうかな、どこがいいかな、連休ですからね。


« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »