2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アカウント

Facebook Mixi Twitter
無料ブログはココログ

« 日記171123 | トップページ | DIARY171203 »

2017年11月29日 (水)

日記171129

120yama1711210014

フォトハウス表現塾のHP

グールドのピアノでベートーベンの29番を聴いています。

懐かしくって、胸が痛みます。

なにをするにも手がつかなくて、想いにふける時間です。

もう、もどってこないけど、あれから二年が経ってきています。

少し忘れかけているのに、また、思い出します。

切なくて、空しくて、切羽詰まられるという感覚です。

CDで買い求めて、それをパソコンに取り込んで、聴いています。

29番は、ベートーベンのピアノソナタのなかの傑作ですね。

聴けば聞くほど、深みにはまってしまいますね。

なんなんでしょうね、この引かれていく魅力っていうのは、何?

表現の結果、相手を、このような感覚にさせていくというのが、究極ですかね。

« 日記171123 | トップページ | DIARY171203 »