« アグリネット-5- | トップページ | 日記170529 »

2017年5月27日 (土)

アグリネット-6-

326_2663

あい農学校(2004年9月~に載せた文章をここに転載します)

京都アグリネットHP

<田植え>

この国の食文化の基幹は、お米です。
このお米、米つくりに参加することで何が判るかな~との思いで、
今年はお米つくりにチャレンジしていきます。

チャレンジ体験場所は、京都農塾(京都・園部)です。
京都農塾の田んぼでは、お米を手作りします。
田植え、草引き、稲刈りなどを、手作業でおこなうということです。

この手作業でおこなう田んぼと、機械作業でおこなう田んぼ。
実は、この二つの方法を、二つの田んぼを使っておこないます。
5月29日におこなった田植えは、手植えです。
無農薬(除草剤を使わない)田んぼです。
銘柄はコシヒカリです。

まあね、レクレーション気分で、共同で田んぼ体験をする。
でも、自分で食べるお米を自分で作る、自給自足の初めです。
この感覚から捉えられる食の現状を考えるための体験だと思います。

ここに、引き続き、田んぼの報告をしていきたいと思っています。

写真は、京都農塾の田植え、5月29日の光景です。

<お米と稲の文化>

9月になると、田んぼでは稲刈りが始まります。
今の時期、田んぼは稲穂の頭が垂れて、お米になるのを待っている。
こんな光景をみながら、我らの文化を考えていきます。
我らの風土に稲作が登場する弥生時代以来、主食としてお米を食してきました。

神社やお正月には、稲藁を使った飾りものを使います。
生活道具の中にも、稲藁を使った道具が多くみられます。
わらじ、むしろ、火鉢の灰、藁縄・・・
現在は文化生活という名のもとに、藁道具が、ほとんど使われていません。

我らの文化を掘り起こし、考えていくとき、このお米と稲に出会います。
豊穣のシンボルとして、豊かに実った稲穂があります。
そういう文脈に添って、写真を撮っていくなかで、この写真です。
見慣れた写真風景ではありますが、ここに掲載します。

綜合文化研究の一環として、宗教的行事や食生活と密着した「お米と稲」文化です。
まるエコ生活やローカル化を具体的な実践に組み込んでいくとき、お米と稲のことがクローズアップされてくるのです。

<自然農法による野菜栽培>

京都府亀岡市の赤熊という所に、赤熊自然農園があります。
この赤熊自然農園の、野菜の栽培法が、自然農法だといいます。
野菜の生長を、野菜自身の生命力に任せていくというのです。
肥料を与えない、水を与えない、畑を耕さない(不耕起)、こんな条件の下で、野菜が育つ。
土の上に、枯れ草をまいておきます。

ちょうど訪問した8月の末、はたけに枯れ草を置く作業がなされていました。
写真は、その作業の光景です。
大根を栽培する畑だそうです。

自然の中で、自然のままに育てる野菜。
味は抜群においしいです(試食しました)。
昔の野菜の味がする。

循環型農業が各地でおこなわれている現状がありますが、ここ赤熊農園は、徹底してます。自然循環です。
農薬なども使わないから、なにより安全で安心して食べられる野菜です。    

フォトハウスのHP

« アグリネット-5- | トップページ | 日記170529 »