« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月28日 (金)

DIARY170428

120kyoto1704230022

今日はあなたの誕生日ですよ、という案内をfacebookからいただきました。

友だちに告知してくれるんですね、サービスがいいですね。

1946年生まれだから、満で71歳になる、71年も生きたという、驚きです。

まだまだやり足らない感があるから、社会とのかかわりを持とうと思っています。

ようここまで生きてこられたなぁ、と思うのは必要なお金を稼いできたことに、です。

とっても複雑な気持ち、思い、煩悩ってゆうのか、負けてたまるか、というのか。

どんどんとこの世にいる時間が詰まっていく感じがして、どうしようかと迷う。

自分を見る時代にいて、テーマは、自分を表現することを自覚する、ということ。

でも、中途半端だなぁと、前例がないような処で、つくづくと思ってしまいます。

ひとりよがりにならないように、世間とブリッジを架けながら生きればいいなぁ。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

2017年4月23日 (日)

DIARY170423

120osaka1704210018

ラジオで「南国土佐をあとにして」という曲が流れていた。

ペギー葉山さんが歌っていたやつで、このペギーさんが亡くなられた。

この曲を聴いて思い出したのが、中学入学の時、この曲が流行っていたんです。

入学式の日、ブラスバンドの演奏に魅せられて、やりたいと思った。

吹奏楽部に入らせてもらって、それからクラリネットに熱中したものでした。

ペギーさんの歌を聴いて、心に痛く感じて、思うところ、そこから今の自分があると思う。

一方、いま、Eテレでパイプオルガン、バッハの曲をやっているところです。

パイプオルガンの思い出というのも、かなりあるんですが、栄光館のこと。

同志社女子大の栄光館には、パイプオルガンがあって、そのパイプ室に入った。

これは十字屋の技術部にいたとき、パイプの掃除に連れて行ってもらったのです。

寒い日で、パイプが冷たかった、その部屋の光景が鮮明に思い出せます。

ああいずれも十代のころのはなしですね、中学生、高校生、卒業して19歳でした。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

2017年4月20日 (木)

DIARY170420

120yama1704180005

<表GEN研究会phのこと>

表GEN研究会phは4月9日に箕面にて創立研究会が開催されました。

創立会員14名、年齢は70代から20代、男7名女7名です。

会員各人が、主に携わっているジャンルは次のとおりです。

写真8名、映像2名、音楽1名、文学1名、ギャラリー運営2名

表GEN研究会phでは、芸術のジャンルを越え、あるいは融合することを目指します。

作家をめざす人、批評家をめざす人、ディレクターをめざす人、ジャンルは問いません。

まだまだ始まったばかりで、どのような枠組みができてくるのかは、これからです。

いまから生成していく新しい枠組みの研究会に、参加しませんか。

グレードが高いと考えるレベルを目指して、引き続き会員を募集します。

新しい潮流を生み出すべく作品制作のための評論活動も行います。

会費はいりません、義務は負いません、勉強します、勉強できます。

参加される各人にとって、意味ある研究会にしていきたいと考えています。

表GEN研究会ph

フォトハウスのHP

2017年4月17日 (月)

DIARY170417

120kyoto1704060018

桜の季節が終わって、といってもまだまだこれからの桜が咲きます。

昨日万博公園でのレンタイフェスタを終えて、気持ちも一段落です。

今日は、このあと金沢の方へでかけます、二泊三日。

最近は月一回ペースになっていて、これ別荘通いな気分です。

会社勤めや組織勤めをいまはしていないけど、日常との区切りです。

写真は、広沢の池を背景に桜を撮った図、絵ハガキにならないかな。

広沢の池には、高校時代ですね、なにかとよく行ってボートに乗ったり。

ここには、いっぱい、ほのぼの記憶がある、懐かしい場所なんです。

むくむく通信社グループのホームページです 

2017年4月14日 (金)

DIARY170414

120kyoto1704060010

さくら、サクラ、桜の季節です。

毎日、桜を撮って、インスタグラムやツイッターで発表しています。

facebookに転載するようになっているので、そこでまとめて見れます。

まあ、その場、その場で、載せちゃうから、駄作もたくさんあるなぁ。

まあ、西鶴やってる気分で、それもいいじゃない、と思っています。

明日、明後日、万博公園で写真展やります。

明日は準備、明後日は本番、朝10時から午後4時ごろまで展示してます。

かれこれ10年ほどになります、レンタイフェスタに参加して、出品です。

展示内容は、釜ヶ崎のスナップからの抜粋で50点ほどです。

むくむく通信社グループのホームページです 

2017年4月12日 (水)

DIARY170412

120kyoto1704040027

チャイコフスキーの交響曲第六番といえば<悲愴>という名の曲ですね。

パソコンから流れ出てきているんですが、細部まで聴き慣れている曲です。

フルトベングラー指揮、ベルリンフィル演奏、1938、と書いてあるんです。

1938というのは、演奏されて録音された年のことなのでしょうね。

ふるいなぁ、デジタルでパソコンで聴いてるけど、原版はSPレコードかな。

デジタルになっているけど、それなりに古い音に聴こえます。

まあ、この古さがたまらないという方もいらっしゃるかも知れません。

ぼくは無頓着なほうで、あまり細部にはあまりこだわりませんけど。

せりあがってくる、こみあがってくる、哀しみみたいな感じがいいです。

高校の時に聴きだしたから17歳ですかね、長いなぁ、昔だなぁ。

いまトロンボーンのところ、バイオリンが、ティンパニーが、のところです。

むくむく通信社グループのホームページです 


2017年4月 8日 (土)

DIARY170408

120hana1703270006

なんとなく落ち着かない原因はわかっているのにどうしようもない。

雨の土曜日、桜を撮りにいくのも、この天気では、と思ってしまう。

なんかしら、もたもた、やることいっぱいあるのに、ぼちぼちです。

雨だから、うっとおしいんだな、気分が冴えないですね。

ベートーベン、英雄のフレーズがスピーカーから流れ出てきています。

ホルンの音色だな、聴き覚えのある旋律です。

フルトベングラーの指揮だな、かなり古い録音だと思う。

きょうは、ぼちぼち、スローでいこう、それがいい、それがいい。

むくむく通信社グループのホームページです 

2017年4月 1日 (土)

DIARY170401

120kyoto1701130011

撮影に出た日の撮影した写真から12点を軸にアルバムを制作しています。

昨年夏に風景論というタイトルでスマホで撮った写真を12枚単位で本にしていました。

それは10月初めに9号を作って、事情により終わりにしました。

フェースブックのアルバムに「風景論」を載せたところでした。

その後の撮影した写真、これはデジカメで撮ったものをシリーズにしています。

遡って、撮影日ごとに12枚をアルバムにしていこうと考えています。

写真を撮るスタイルを変えたというか、人を入れない方へと変えました。

被写体の範囲は、京都から奈良明日香方面にも拡大しています。

これ以上のことは申しませんが、テーマを定めてきているところです。

むくむく通信社グループのホームページです 

« 2017年3月 | トップページ