« 記憶の記録-4- | トップページ | 記憶の記録-6- »

2016年5月29日 (日)

記憶の記録-5-

120siryo1605260004

中川繁夫のホームページです

内灘1953と題された写真は、東松照明さんが撮られた一枚です。内灘で起こった試射場反対闘争関連の写真は、ついにこれしか見たことがないから、おそらく写真がほとんど撮られていなかったのではないかと思われます。ぼくが内灘にこだわるのは、18歳でしたか高校を卒業したころです。民衆の反対闘争史を調べていたなかで、石川県の内灘で反対のために地元の住人が闘争をおこなった、とありました。そのあとには立川のことです砂川基地闘争があったと書いてあって、デモしてるところの写真なども目にしました。日本現代史においての住民の基地反対闘争の草分けだったことがわかってきました。実際には内灘へ何度もいきました。弾薬庫の跡、蒲鉾形のコンクリートの塊がいくつかありまいた。小説を書こうと思いました。登場人物は、この内灘出身という設定でした。ニコンのカメラを買って、家族以外に撮った最初の風景が内灘でした。1980年に創刊した映像情報の表紙に、内灘の写真を使いました。1982年の正月に内灘を写真に撮ろうとして赴くとすでに弾薬庫のコンクリート塊は消滅していました。すでに東松照明さんの内灘、ここに掲載させていただいた写真の存在を知っていたように思います。内灘へ赴いて落胆のなかで京都へ帰ってきたそのとき、東松照明さんが電話をかけてこられて、午後九時に六曜社であうことになりました。奇遇の重なり、なにかに惹かれるように、その砂丘を訪れた日々のことが思い起こされてきます。それから半世紀の時間が過ぎてしまいました。

« 記憶の記録-4- | トップページ | 記憶の記録-6- »