« もたもたもた-5- | トップページ | もたもたもた-7- »

2016年2月 5日 (金)

もたもたもた-6-

120tabi1601300001

もたもた、という語源は何だろうか、なんて思いながら、もたもたもた。

かったるい、でもないな、のろま、どんくさい、でもないな、そのイメージ。

もたもたのイメージを言い当てるなら、下手な生き方、へたくそ、そんが感じも。

まあ、講釈はどうでもいいが、いま、ベートーベンの英雄が鳴り出しました。

少し大きめのボリュームで、ウインドウズのメディアプレーヤーです。

この正月以来、音楽をとりこみ編集して時間を過ごしています。

池田さんからアイチューン用にたくさんのデーターを預からせてもらった。

いまのところバッハが多く、ベートーベンとか、モーツアルトとかのクラシック。

でも、30数年ぶりに、五輪真弓さん、懐かしいというより、美しい、聴き惚れます。

でも、あまり聴いてあげません、思い出が多くよみがえってくるからです。

思い出に浸るだけならいいんですが、現状の、今の、気持ちに直接響きます。

そんなに感傷的にならなくてもいいのに、泣きたいくらいに心が軋みます。

今朝は、まだ五時過ぎ、夜明けまでまだ時間があります、久しぶり。

あの世にいて、この世に戻る、そんな時間が今という時間イメージです。

おわってしまったあのこへのおもいは、まだ終わっていないんです。

ひさびさに、もたもたもた、っと書きました。


« もたもたもた-5- | トップページ | もたもたもた-7- »