« 裁判の傍聴に行きました | トップページ | どうしたことか-9- »

2015年1月21日 (水)

憂鬱なる気持ち

もういまや昔、憂鬱なる党派、って小説を読みました。

高橋和巳の小説ですね、知る人ぞ知る小説家です。

主人公は、西村でしたかね、最後は釜ヶ崎らしき処ですね。

その途中の、仲間たちの議論なんかは忘れたけれど。

奇妙に、この小説のことを思い出しているところです。

昨日、イスラム国に拘束された二人のジャーナリスト。

生きてこちらへ戻れるように、只々願うだけです。

憂鬱なる党派とこの話は全くリンクしていません。

でも、イスラム国に入った若者は、こちらからの逸脱者ですね。

そこらでつながるのではないかと、勝手に思ってしまいます。

論拠は全くありません、直感的推測にすぎないです。

これらが憂鬱にさせる原因なのかも知れません。

120kyoto1501190044

« 裁判の傍聴に行きました | トップページ | どうしたことか-9- »