« 資本論という本 | トップページ | どうしたことか-7- »

2014年12月24日 (水)

どうしたことか-6-

クリスマスイヴ、今年は家にいます。

いつのことだったか半世紀まえごろの記憶です。

大阪の北浜教会?にパイプオルガンがあると聞いたので行きました。

パイプオルガンといえば同志社女子大学の栄光館?にありますね。

パイプ室に入れてもらって、パイプの掃除をしました。

それらの日々は、まだ十代のおわりのころです。

ベートーベンの「運命」をいま聴いています。

第二楽章に入っています、胸が詰まります。

中学の二年生だったか三年生だったか、聴いた記憶です。

自分のお金で初めて買ったレコード、25cmのLP、千円でした。

ポータブルのレコードプレーヤーを真空管ラジオにつないで、でした。

初々しい、みずみずしい、感性があったように思います。

いま、そのころの同級生、特に女性にあうと、よみがえります。

今年のクリスマス、明日は孫たちの家へ行かせてもらいます。

120kyoto1401190208

京都で写真を学ぶなら <京都写真学校>

« 資本論という本 | トップページ | どうしたことか-7- »