« 自分をたづねて-3- | トップページ | 3月になりました »

2014年2月19日 (水)

自分をたずねて-4-

高校二年生になると、大学進学のための話題がぼくの身の周りに起こってきます。二年生になった直後、参考書を求めて、河原町三条の大きな書店へ、買い出しにいきました。高校二年生のときの進学先学部は理数系、国立の理学部を目指せ、ということでそれなりの参考書を買ってきて、一方で睡眠時間は三時間とか四時間、ということが巷に流れてぽり、またそのように書いてあり、薬局で催眠錠を買い求め、眠くなると飲む、そういうことをやり出しました。失恋のこと、半ば忘れてきて、大学進学に向けて、勉強、受験勉強を始めた。

何時頃だったか、高校二年生昭和38年、1963年、合唱部にいた梶谷くんが、ブラスバンド、吹奏楽部を創ろうと言ってきました。中学生のときには、吹奏楽部でクラリネットを吹き、パレードの時には指揮をしていたから、声がかかったのだと思います。創ろう、そうして、いま、どのようにして成熟してきたのかは思い出せないけれど、顧問には、この年京都大学の理学部を卒業されて教師になられた宇野先生になっていただく。楽器を買う資金を集めるのに、生徒からお金を集める。臨時の生徒会を開催してもらって、その趣旨を説明して、ひとり一月10円、一年で120円、これを徴収するという動議を可決してもらって、いよいよブラスバンド、吹奏楽部の発足となったのです。

去年2013年10月19日、創部50周年記念演奏会が、京都西文化会館ウエスティにて催され、創部メンバーということで、演奏会の冒頭、校歌の指揮をさせていただきました。あれから50年、という感慨深さで胸が詰まりましたが、50年ぶりの指揮台でした。それから、昨年末から今年になって、創部当時のメンバーが集まって、同窓会を開こうとの機運が起こってきています。はるか50年昔にもどるわけで、この文章を起こすきっかけの一因でもあります。こうして、高校二年生、大学進学のための受験勉強を始めたやさきに、吹奏楽部を創ることに専念することとなったわけです。

120kyoto1401010006

 

« 自分をたづねて-3- | トップページ | 3月になりました »